閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

週刊文春

週刊文春の最新号

電車の中吊り広告や新聞広告で、週刊文春の最新号の見出しを見るだけでも五感に訴えかけるものがあり、良くも悪くも注目度大のメディアとして評判になっています。週刊誌は書店やコンビニでも気軽に購入できますが、駅のキヨスクでおじ様たちが次々と買い求める光景がじつに似合う雑誌であり、昔ながらの風物詩であり続けています。
週刊文春の最新号は原則として、毎週木曜日が発売日です。業界の慣例になっているからか、年末年始やゴールデンウィークは特別に、2号分まとめて合併号が販売されるスタイルです。
週刊文春の最新号は、まいどのように誰も語らなかったようなスクープ記事をズバズバと遠慮なく追求する姿勢が評判で、注目を集めた記事はメディアに引用されることもしばしばです。今週号はどんな「文春砲」が飛び出すか、週刊文春の最新号はいつでも読者のハートわしづかみといった感じです。
最新号の見出し立ち読みはこちら=リンク
また、週刊文春webでも最新号の目次や概要を見ることができます=リンク

週刊文春の見出しや中吊り

毎号、週刊文春の見出しや中吊り広告は、見るものを引き付ける要素にあふれています。電車に乗っている間、中吊りを目で追っているだけで、世の中の動きが手に取るように把握できてしまいそうです。
週刊文春の見出しや中吊りは、文春お得意のスクープ記事が何本も列挙されている様は壮観です。時々世間から忘れられたようなアノ有名人の近況がアクセントに入り、読者の興味を引くツボを押さえた作りになっています。
週刊文春の見出しや中吊り広告は、毎号楽しませてくれますが、最近パクリ疑惑が一部で報道されています。さる取次業者がライバル誌の中身を発売前にもらしたという内容ですが今のところ、はっきりクロと決まったわけではないようです。
週刊文春の見出しや中吊りは過激さを増しているかのようで、やり過ぎを指摘する声もあります。一読者としては、勇み足にならない程度にホットな情報を伝える紙面作りを期待するばかりです。
中吊り広告は週刊文春Webでも見られます=リンク

週刊文春のデジタル版やバックナンバー

読み捨てにされることが多いのですが、週刊文春のデジタル版やバックナンバーには少なからず需要があるといいます。毎号確実に入手したい、過去の記事を参照したいなどの読者ニーズに答えてくれるサービスです。
週刊文春のデジタル版やバックナンバーで、デジタル版のほうは2015年8月よりオンラインでの販売が始まり、スマホやタブレットで購読できます。発売元は電子書店の「Kindle ストア」で、紙版と同様に毎週木曜日が発売日です。
週刊文春のデジタル版やバックナンバーで、デジタル版の価格は350円で、紙版と比較して安いのがメリットですが、内容は一部カットされています。それでも、スクープ記事や連載コラムなどの人気記事は、ほぼもれなく読めるので安心です。
週刊文春のデジタル版やバックナンバーのうち、バックナンバーは週刊文春の公式サイト「文春オンライン」で購入でき、ストックがつきれば販売終了となります。
週刊文春デジタルはこちら=リンク

スポンサードリンク


関連記事

  1. 花火大会

  2. 武田玲奈の写真集や彼氏問題

  3. アンパンマンミュージアムのアクセスや料金

  4. 艦これアーケードのレシピ・攻略法やイベント

  5. 桐生競艇

  6. 東宝シネマ

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る