閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

ガスファンヒーターのガス代や価格、おすすめポイント

ガスファンヒーターのガス代

一般的に、ガスファンヒーターのガス代は、サイズが大きいほど上がる傾向があります。
購入の際、店員から説明を受けるのもいいのですが、それ以前に部屋の広さに合っているかで選ぶのがシンプルな鉄則です。
ガスファンヒーターは、20号、35号、50号などと規格化されています。
1日あたり8時間使うとして、都市ガスの場合、ガスファンヒーターのガス代は、20号で3200円ほど、35号は4300円ほど、50号は6300円ほどが目安です。

プロパンガス用は都市ガスと比較して、ガス代が高くなりがちです。
プロパンガス用では、ガスファンヒーターのガス代はザックリと、都市ガス用の約1.5倍とみるのが適当です。
エアコンと比較すれば、ガスファンヒーターのガス代は高めというのが常識となっています。
それでも、部屋がすぐに暖まり、体が芯から温まるメリットで、ガス派のほうも根強い支持を集めているようです。
スポンサードリンク
         

ガスファンヒーターの価格

客観的な立場から、ガスファンヒーターを購入する際、「価格.com」などの比較サイトを参考にする人は多いようです。5〜6万円の価格帯を中心に、都市ガス用・プロパンガス用とあるので、自分の家のガスの種類を確認して、間違いがないようにしたいものです。
ガスファンヒーターの価格は、大きいものほど高くなる傾向はあります。もちろん部屋の広さに合っているかが重要なので、効率よく部屋を暖められる機種であるかは、価格に関係なく要確認です。
ガスファンヒーターの価格は、ランニングコストも考える必要があります。ガスは電気と比較して高いと実感する人は多いでしょうが、ガスは部屋がすぐ暖まるなどメリット多数で、コスパは良かったりします。
ガスファンヒーターの価格から、ネットオークションなどで中古品をお値打ち価格で購入する方法も人気です。悪い意味でのワケあり品を避けるには、店舗やサイトは厳選する必要はあります。
スポンサードリンク

ガスファンヒーターのおすすめポイント

部屋がすぐに暖まって、しかも臭いがしない暖房器具がほしい人には、ガスファンヒーターがおすすめです。
電気と違い、ガスはつけて即、温風が冷えた体をいやしてくれます。
購入の際、コスパ重視で選ぶことも、ガスファンヒーターのおすすめポイントです。
小サイズ機種は低価格がメリットですが、広い部屋には無理があります。価格に惑わされず、ヘアに合った機種を選ぶのがベストです。
購入時期を選ぶことも、ガスファンヒーターにおすすめポイントとなります。
多くの販売店では、とくに冬の終わりは在庫一掃の激安セールで、買い替えのベストタイミングです。
通販は、ガスファンヒーターにおすすめの購入方法です。
多くのガスファンヒーターは箱も含めかさばる上、重量もあるので、自宅まで届けてくれる通販が有利です。
通販でも、販売店のようにポイントが貯まったり、キャンペーンで価格ダウンなどのメリットはあります。

スポンサードリンク


関連記事

  1. 風力発電の仕組みやメリット・デメリット

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る