閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

2017年の夏至の日付や夏至の風習・食べ物

2017年の夏至の日

2017年の夏至の日は、定気法で6月21日と求められます。ただし、日本ではちょうど梅雨の時期にかかるので、1年で1番昼間が長い日とは実感しにくいかもしれません。
夏至とは、太陽が黄経90度の位置にある時を差し、2017年は6月21日13時24分にあたります。したがって、2017年の夏至の日は、やはり6月21日が該当します。
夏至は、毎年6月の21日になったり22日なったりしますが、西暦から求める方法もあります。西暦の年を4で割り、余りが3なら22日、それ以外は21日となりますが、これは2020年までに限定の算定方法です。2017年の夏至の日はまだセーフなので、自信をもって6月21日と断言できます。
2017年の夏至の日が6月21日とは、じつは北半球限定の事実です。北半球と南何級では季節が反対になるので、夏至と冬至の日も正反対になります。北半球の冬至にあたる12月22日が、南半球にとっての2017年の夏至の日となるのです。
さて、夏至の日は、一年で最も昼が長い日、つまり夜が短い日になります。日の出や日の入りの時間が気になるところですが、東京の場合だと、日の出=4時24分、日の入り=19時00分になります。なお、日の出や日の入り時間は地域=つまり経度・緯度の違いによって異なりますので、注意しましょう。
スポンサードリンク

夏至の食べ物

冬至に食べるカボチャほど有名ではありませんが、夏至の食べ物もじつはあります。ただ、全国的な統一感はありません。それでも、夏本番を前にして、食べ物で体力をつけておこうという点に、先人の知恵が生きていると言えます。
夏至の食べ物については、関東では小麦から作った焼き餅、関西ではタコを食べる風習があります。これとても、各家庭での実施率はかなり低いと推定されているくらいで、地元民であっても知らない人が大半なのが現状です。
もう少し細かくみて地方に目を向けると、福井では、夏至の食べ物としてサバを食べる風習があります。京都では氷に見立てた京菓子を、愛知ではイチジク田楽という郷土料理があり、地方色豊かな内容となっています。
また、讃岐うどんの本場として超有名な香川ではさすがに、夏至の食べ物はうどんと決まっています。7月2日の「うどんの日」とからめて、香川では相当な盛り上がりをみせるようです。
スポンサードリンク
         

夏至の風習

夏至には、これといった風習はないと思われがちです。冬至のゆず湯などと比較すれば、天と地ほどの差があります。
日本国内をみても、夏至の風習として、関東では小麦の焼き餅、関西ではタコを食べるなど、地方ごとに特定の食べ物を食すのがせいぜいです。夏の風物詩・七夕やお盆などと比較すればさびしい限りです。
ところが海外、それも北ヨーロッパに目を向けるとあるわあるわで、夏至の風習の充実振りに圧倒させられます。とくにスウェーデンはダーラナ地方の「夏至祭」は有名で、巨大なポールの周りを、民族衣装をつけた男女が歌い踊りする華やかさは一軒に値します。当地では、ニシンの酢漬けを食べる風習もあります。
ラトビア・リトアニアなどバルト地方の、夏至の風習もなかなか見ものです。元々土着の太陽神・サウレの祭りだったのが、キリスト教が広まってから聖ヨハネの祭りと装い新たに祝われていますが、たき火を越える風習は残っています。

スポンサードリンク


関連記事

  1. パスポートの申請や更新に必要な書類や写真、期限切れパスポートの用…

  2. 年金

  3. 結婚式の招待状の返信

  4. マイナンバーの申請や確認方法

  5. NHK受信料の金額や引越し・解約手続き

  6. 出産祝い人気ランキングやお返しの相場

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る