閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

母の日の2017年の日付やおすすめプレゼント

2017年の母の日はいつ

2017年の母の日はいつと聞かれて、5月14日とスグに答えられる人は、相当のお母さん思いと言えます。毎年日付が変わる割に、子どもからお年寄りまで広く知られている不思議な記念日です。
母の日は、毎年5月の第2日曜日と決まっています。2017年の母の日はいつとは、規則から5月14日という答えが導かれるのです。
母の日は、アンナ・ジャービスというアメリカ人女性が、亡き母の墓前に白いカーネーションを捧げたことに由来します。アメリカでは1914年に正式に5月の第2日曜日と定められ、2017年の母の日はいつかを決める根拠となっています。
2017年の母の日はいつといえば、5月14日に決まっていると言いたいところですが、じつは日本やアメリカなど一部の国々限定の常識です。たとえば、スペインでは5月7日(第1日曜日)、スウェーデンでは5月28日(最終日曜日)など、国や地域によって答えに違いがあります。

母の日のプレゼント

母の日のプレゼントは、赤いカーネーションが定番です。それだけでももらった本人は大喜びでしょうが、毎年恒例のことなので、もうひと工夫ほしいというのが人情でしょう。
母の日のプレゼントは、選ぶのが難しいという声は少なくありません。なまじ最も身近な人なので、迷いが生じやすい事情があります。いっそ予算を決めて、インターネットでランキングを参考にすれば、多少は楽に探せるかもしれません。
好みを知っているので、母の日のプレゼントに、服やアクセサリーを選ぶ人は多いようです。化粧品も人気商品にランキングされ、年齢が上のお母さんには、健康グッズなど格好のプレゼントとなることでしょう。
母の日のプレゼントには、高級レストランでの食事や旅行など、体験型のプレゼントにも人気があります。写真やビデオは別として、物質的に後には何も残りませんが、後々までうれしい思い出として残る点で、最高のプレゼントになり得ます。

スポンサードリンク
         

母の日の花ギフト

母の日の花は、赤いカーネーションが最有力のプレゼントです。カーネーション1本なら、小学生のお小遣い程度でも買えるくらいですが、それでいて母の日限定の五つ星プレゼントになる、超お得なアイテムです。
母の日の花にカーネーションとは、アメリカ人のアンナ・ジャービス女史が、白いカーネーションを亡き母に手向けたことに始まります。当地では、故人には白系のものを捧げる習慣があることが背景にあると考えられます。存命中ならもちろん、赤いカーネーションです。
日本でもアメリカ同様、母の日の花としてカーネーションが定着しています。存命中なら赤、故人なら白のカーネーションが常識でしたが、昨今では原則がくずれ、かなり自由になっているようです。
母の日の花は現在、カーネーション以外にも対象が広がった感があります。カーネーションでも何でも、喜ぶ顔を想像しながらアレンジするのは贈るほうも胸弾むひと時です。

スポンサードリンク


関連記事

  1. ビール券

  2. ドスパラの店舗や中古PCの評判

  3. 目覚まし時計

  4. エアコン

  5. 洗濯機

  6. ほか弁のメニュー

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る