閉じる
閉じる
閉じる
  1. 壁紙
  2. 年金
  3. 洗濯機
  4. 神社
  5. 今日の運勢
  6. 更年期障害
  7. ブロッコリー
  8. ビール券
  9. しいたけ占い
  10. ゴキブリ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

阪急バス

阪急バスの時刻表

たまに、阪急バスの時刻表は、阪神バスや京阪バスと混同する人がいるので、いちおう要注意です。飲み会があっても、阪急バスの時刻表で終バスの時刻を把握しておくと安心です。
阪急バスの時刻表は、公式サイトでも検索できます。ダイヤ改正などの情報がアップされることもあるので、利用客は定期的にチェックするのがおすすめです。

時刻表の検索はこちら=リンク

路線バスのほか、高速バスの時刻を調べたい人にも、公式サイトは重宝する情報源です。
阪急バスの時刻表は、ナビタイムやジョルダンなど乗り換え案内サイトで調べる方法もあります。

有料サービスは確かに便利でしょうが、無料の部分だけでも必要最低限の情報を調べるには十分なレベルです。
阪急バスの時刻表は、地方自治体などのサイトとリンクしているケースもあります。たとえば、長岡京市の公式サイトから、市内を走る路線の時刻表を市民が活用しているといった具合です。
スポンサードリンク
         

阪急バスの路線図

単純比較で、阪急バスの路線図は公式サイトが一番便利です。関西を代表する鉄道会社の系列らしく、全体図をザッと見ると、京阪神の主要部分を押さえていることがスグに見て取れます。
阪急バスの路線図は、公式サイトの「簡易路線図」が検索に便利です。路線単位で、スポット的に調べたいルートがスグにチェックできます。
路線図=リンク
阪急バスの路線図をみると、高速バスや空港リムジンバスのラインナップについても、そそるものがあります。新幹線や飛行機と比較すると時間はかかりますが、リーズナブルさがメリットです。大阪梅田や京都から、東京、富山、金沢、高知等々と直通で結ばれていて、出張や観光に使ってみたいルートたちです。
公式サイトでは、コミュニティバスのルートも、阪急バスの路線図にアップされています。かゆいところまで手が届くような、キメの細かい情報はオンラインならではのメリットで、路線ごとに比較してみるのも乙なものです。
スポンサードリンク

阪急バスの運賃や定期券

制度上、阪急バスの運賃や定期券代は現金で決済することは今でも可能ですが、いま売り出し中の「hanica」は、カード1枚で決済できるのがメリットがあります。このカードはバスの車内でも購入可能で、初回に限り500円のデポジットがかかります。
阪急バスの運賃や定期券代には、「ICOCA」など全国の交通系ICカードも使えます。ただし、チャージはそれぞれのカードが使える鉄道駅の発券機を使うことになります。
阪急バスの運賃や定期券代の清算は、「STACIA PiTaPa」はメリット大です。阪急・阪神グループの交通機関はもちろん、系列の店舗でのショッピングでもSポイントが貯まるのです。貯まったポイントを、阪急バスの運賃や定期券に充当できるメリットもあります。
阪急バスの運賃や定期券代については、ICカードで「利用額割引」サービスが利用でき、乗れば乗るほど割引率がアップする仕組みです。ただし、このサービスはICOCAは対象外なので要注意です。

スポンサードリンク


関連記事

  1. 小田急線の路線図や時刻表、遅延情報

  2. 東京メトロ

  3. 京成バス

  4. 京成スカイライナー

  5. 両備バス

  6. 京成電鉄

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る