閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

池袋サンシャインシティ

池袋サンシャインシティの水族館

癒しムード満点、池袋サンシャインシティの水族館は、「天空のオアシス」をコンセプトにしています。水族館最大の呼び物として、「サンシャインラグーン」があげられます。池袋サンシャインシティの水族館ではフラッグシップ水槽を採用し、超巨大な水槽の中でキレイな魚たちがのびのびと泳ぎ回る様は、本当に感動モノです。
池袋サンシャインシティの水族館は、近未来の「サンシャインアクアリング」も見ごたえ十分です。アシカが透明な巨大リングの中を泳ぐ様を見学者が下から眺める構図で、スキューバダイビングをしているような気分を味わえます。
池袋サンシャインシティの水族館の営業時間は、原則として年中無休の10〜20時(11〜9月は18時まで)。じつは大人も喜ぶアシカのパフォーマンスショーなど、エンターテイメント面でも、五つ星クラスの水族館です。
水族館への行き方ですが、サンシャインシティ到着後は、ワールドインポートマートビル1階から「水族館行きエレベーター」に乗り、ワールドインポートマートビルの最上階が水族館になります。

なお、サンシャインシティまでのアクセスですが、最も近い駅が東京メトロ有楽町線の東池袋駅で徒歩約3分。JR・東京メトロ・西武線・東武線の池袋駅からだと徒歩約8分になります。また、都電荒川線の東池袋四丁目停留所からも徒歩約4分になります。
東池袋駅からの道のりは、6.7番出口方面に向かうと、途中で「サンシャインシティ地下通路」の案内があります。
池袋駅からならば、35番出口が一番近い出口になり、サンシャイン60通りを通って右手に見えてくる「東急ハンズ」の横にサンシャインシティ地下通路入口(エスカレーター)があります。
スポンサードリンク
         

池袋サンシャインシティのプラネタリウム

今、人気や注目度では水族館に一歩譲りますが、プラネタリウムの人気も捨てたものではありません。大都会のド真ん中でも、本物感抜群の満天の星空に癒されます。星の瞬きまで再現したリアルな星々がドームいっぱいに広がるや、あちこちでため息が出る光景は毎度のことです。
池袋サンシャインシティのプラネタリウムでは最新鋭の機材を導入し、CG映像も合わせ奥行きのある星空を演出しています。大迫力の星空に立体音響をBGMをプラスして、夜空の神秘の世界へ誘われる趣向です。
池袋サンシャインシティのプラネタリウムには、「ヒーリングプログラム」もあります。通常の上映とはひと味違い、本物の星空以上のヒーリング効果が体感できるかもしれません。
池袋サンシャインシティのプラネタリウムの営業時間は11〜20時で、毎時00分に開始ですが、作品の入れ替え時期は不定期の休館となります。座席は、14日先までの分までオンライン予約ができるのも、うれしいポイントです。
スポンサードリンク

池袋サンシャインシティの展望台

池袋のランドマーク・池袋サンシャインシティの展望台からは、東京のパノラマが一望できます。下界のざわめきが嘘のように、息を呑むような別世界に癒されます。
池袋サンシャインシティの展望台は、ふもとの水族館やプラネタリウムとともに人気スポットにランキングされています。視界がよければ、富士山や秩父の山々、はては房総半島までも眼下に同時に収められる爽快感は、池袋ならではのメリットです。
池袋サンシャインシティの展望台で絶景を堪能したあとは、カフェラウンジで余韻に浸るのも一興です。勇気のある人は、地面からの高さを本当に体感できる「真下観覧スペース」に挑戦する価値があります。
池袋サンシャインシティの展望台の営業時間は、年中無休の11〜21時30分です。昼もステキですが、夜の宝石を散りばめたような夜景も癒されます。元日は、特別営業として日の出前に入場でき、超高層ビルの展望台から初日の出を拝むことができます。

なお、サンシャインシティにはダウンロード用のガイドブックpdfがあります。それを見れば、展望台や水族館はもちろん、文化会館やプリンスホテル、プラネタリウムやスカイレストラン、ナンジャタウンや囲碁サロンなどへの行き方も一目瞭然。ランチやディナーに便利なレストラン街やイベント施設の情報、そして駐車場や駐輪場の料金やサービス料金などの情報も記載されています→sunshine pdfガイド

スポンサードリンク


関連記事

  1. 高尾山

  2. 広島観光

  3. 鎌倉のホテルや観光スポット

  4. 恐竜展や博物館

  5. 四季島のルートやダイヤと料金について

  6. 長島スパーランドの料金や混雑事情

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る