閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

結婚祝いのプレゼントやお返しの相場

結婚祝いの相場

結婚式の招待状が届き、「さて、結婚祝いの相場は?」と悩む人は少なくありません。
あるリサーチによれば、奇数の3万円を基準にすることが多いようです。
甥や姪など、近い親族の場合、やはり奇数の5万円を包むことは通例となっています。

昔からのしきたりとして、4万円、6万円といった偶数の金額は、「割り切れる」につながるのでNGとされていたものです。
しかし最近、2万円ならば「ペアの数」ということで許容されることが多くなり、結婚祝いの相場の新常識として定着しつつあります。

夫婦で出席する場合、たとえば3万円かける2=6万円とは縁起が悪いと気になる人は、結婚祝いの相場に沿う形で5万円を包み、何らかのお祝いの品をプラスする方法もあります。
もちろん、二人で7万円というのも選択肢です。

披露宴を欠席する場合は、料理をいただかないせいでしょうか、金額が少々下がり、結婚祝いの相場として1万円が適当とされています。
会社の上司や同僚なら、5000円でも決して失礼にはならないでしょう。
スポンサードリンク

結婚祝いのプレゼント

結婚祝いのプレゼントは、縁起物の一種です。予め先方にさり気なく希望を聞いて、できれば予算のことにも触れられればベターです。
結婚祝いのプレゼントは本来、挙式前に自宅へ持参するのがエチケットです。ですが昨今では、デパートなどから直接配送されるのが通例になっています。ただ、結婚式当日に会場で手渡しするのは、荷物が増えて迷惑がかかるので絶対にNG行為です。
結婚祝いのプレゼントは、タブーがいろいろあります。刃物は「切れる」、ガラス製品は「壊れる」、黒系の品は「喪」につながるとしてNGとされています。また、好みの問題もあるので、部屋に飾る品も避けるのが賢明です。
逆に、スプーンやフォークの食器類は、奇数コだと「割れない」につながり、結婚祝いのプレゼントとして縁起がよいとされています。きょうびは、包丁類でも「二人で人生を切り開いて」と、ポジティブなお祝い品として歓迎されるケースも増えています。
スポンサードリンク
         

結婚祝いのお返しや習慣

結婚祝いのお返しは別名、内祝いといいます。ただし、結婚式に出席した人は、招待したことが自動的に内祝いとなります。結婚式を欠席した人で、お祝いをいただいた人に、お返しをするのが適当です。
結婚祝いのお返しは、挙式後1か月以内に贈るのがエチケットなので、役所への届け出など、諸々の用事が済んだらすぐに贈るするのがベストタイミングです。宅配便を利用する場合は、お礼状を添えると感謝の気持ちがよく伝わります。新居案内も兼ねているので、新居の住所も明記するとよいでしょう。
結婚祝いのお返しには、食器、タオル類、寝具など、日常的に使える品に人気があります。高級ワインや高級和牛も人気があり、ブランド物は女性にはとくに受けがよろしいようです。
結婚祝いのお返しの相場は、いただいた品の半額程度が目安となります。ちなみに、結婚祝いのお返しには、赤白結び切りの、水引きののし紙をかける習慣があります。

スポンサードリンク


関連記事

  1. クールビズ

  2. ウェディングドレス

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る