閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

レターパック

レターパックとは

日本郵便のレターパックとは、専用の封筒を使って郵便物を送ることができるサービスのことです。料金は2通りあって、薄型向けの「ライト」360円と、厚めの物品用の「プラス」510円のバリエーションがあります。
レターパックとは、お手軽さを最大のメリットにしています。発送は、郵便局の営業時間外でも郵便ポストに投かんすればOKで、郵便物は追跡サービスも込みになっています。
レターパックとは通常の小包で送るほどでもない、手紙や書類の信書類の発送を想定していると目されます。レターパックはカタログやちょっとしたサンプルを送るのに適していて、ビジネスユースにも引き合いが多い模様です。
レターパックとは、ネットオークションの普及で利用が伸びてきた感があります。本・CD・DVDなどは緩衝材で保護して、リーズナブルに安全に送れるメリットが受けているのでしょう。ちなみに、現金は犯罪防止や規約上NGです。
スポンサードリンク
         

レターパックライト

軽量の書類の発送には、レターパックライトはベストな発送方法です。郵便局で販売する専用封筒に入れて送るだけというお手軽さが、メリットにあげられます。早い・安い・安全の3大メリットで、日本郵便の人気商品となっています。
レターパックライトの料金は郵便物の内容に関係なく、全国一律360円です。郵送できるサイズはA4サイズ以内が目安で、厚さ3cm以内、重量は3kgまでと限定されています。特殊詐欺への悪用防止のためにも、現金は送れないこととなっています。
レターパックライトの発送は、郵便ポストに投かんするだけで完了です。郵便物は手紙類やハガキと同様、郵便受けへ配達される形式で、受取人側にとってもお手軽な郵便サービスです。
レターパックライトには追跡サービスもあって、配達状況をオンラインで簡単に確認できます。送ったものが確実に相手に届いたか、いつも不安になる人には、レターパックの追跡サービスが安心感を誘います。
スポンサードリンク

レターパックプラス

レターパックライトで収まらない場合でも、レターパックプラスという選択肢があります。料金は全国一律510円で、ゆうパックや定形外郵便物と比較してお得になるケースは多々あることです。
ライトとの比較はこんな感じです。

レターパックプラスは薄型用の「ライト」と違い、A4サイズくらいで厚さが3cmを超えてもOKなのがメリットです。郵便局の窓口で専用封筒を購入して、郵便物を封入して発送するシステムです。頼めば集荷もしてくれる上、追跡サービスで配達状況の確認もできると至れり尽くせりのサービスです。
レターパックプラスも「ライト」と同様、発送は郵便ポストに投かんでOKです。お届けは対面が原則で、受け取りには印鑑かサインが必要になります。
レターパックプラスは、カタログや書籍を送るのに適していてCDやDVDを送るのにも使えます。封筒に入れば服類も送ることができるので、ネットオークションの発送手段としても広く利用されている模様です。

スポンサードリンク


関連記事

  1. 年金

  2. 国民生活センターの相談窓口

  3. 2017年の夏至の日付や夏至の風習・食べ物

  4. 出産祝い人気ランキングやお返しの相場

  5. 結婚式の招待状の返信

  6. パスポートの申請や更新に必要な書類や写真、期限切れパスポートの用…

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る