転居や引っ越しなどによって住所が変わった場合、運転免許証の住所変更手続きも必要になります。運転免許証の住所変更手続き時には必要書類を用意して最寄りの警察署で手続きができます。


インターネットの引越しは?>>プロバイダー 乗り換え


運転免許証の住所変更、必要書類は?

転居や引っ越しなどによって住所が変わった場合、運転免許証の住所変更手続きも必要になります。
運転免許証の住所変更手続き時の必要書類は以下になります。

*************************

●運転免許証
●新住所を確認できる書類 1通

→「新住所を確認できる書類」とは、
・住民票の写し、
・健康保険証、
・新住所に届いた郵便物、
・電気、ガス、水道の請求書や領収書等
などになります。

**************************

また、県によっては「新住所を確認できる書類」を以下のように解釈して運用することがあります。

**************************

●住民票(コピーは不可、発行日から概ね6か月以内のもの)
●外国人登録証明書
●健康保険証
●印鑑登録証明書(発行日から概ね6か月以内のもの)
●住民基本台帳(住基)カード(住所が記載されているもの)
●官公庁発行の郵便物(発行日から概ね6か月以内のもの)

※電気、ガス、水道の請求書や領収書は不可とするケースもあり。

**************************

上記の必要書類を用意して、東京ならば警視庁管轄の最寄りの警察署で手続きします。
また、群馬県、札幌、大阪、埼玉県、千葉県など、東京以外の場合は各都道府県管轄の警察署で運転免許証の住所変更手続きを行うことができます。

多くの場合は、運転免許証の裏側に「裏書き」するだけの簡単だ手続きで終わるはずです。

引越しを格安でやる方法

ところで転居するにあたり、引越しを格安でやる方法ってご存知でしょうか。
それは、やはり引越し業者選びにあります。
いろいろな引越し業者から見積もりをとってみるとわかりますが、同じ条件でも、数万円単位で見積もり金額が違うことがよくあります。
時には倍額近い金額提示をされることもあります。
そこでおすすめなのが、引越し業者の一括見積もりです。
転居先の住所やエレベーターのあるなし、家具の量など、記入する項目は多少ありますが、入力する手間は一回だけ。
それで最大100社への一括見積もりが可能なのです。
電話などでのしつこい営業もなく、ネットだけで見積もり金額が得られるので気も楽です。
一括見積もりの業者はいくつかありますが、
おすすめなのはこちら→超簡単!無料一括見積り比較!

引越し価格ガイド


インターネットの引越しは?>>プロバイダー 乗り換え


プロバイダーの引越しは?

激安引越し