閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

長島スパーランドの料金や混雑事情

長島スパーランドの料金

長島スパーランドの料金は、入場料が大人1600円などとなっています。ただ実際は、開園時間は1日中使える「パスポート」を購入して、遊び倒す人が大半です。
長島スパーランドの料金によると、「ワンデイパスポート」が大人5000、小学生3900円などと設定されています。園内には50以上のアトラクションがあり、中でも絶叫マシンは充実のラインナップで評判になっています。
「パスポート」にもいろいろあり、1年間オールマイティの「年間パスポート」はおすすめです。長島スパランドの料金では大人19500円、平日に限定すれば大人でも13500円。1年に3〜5回も来れば、元は取れそうです。
人気の「ホワイトサイクロン」や「アクロバット」には、「優先乗車券」が販売されることがあります。長島スパランドの料金規定で、追加料金1000円(平日の混雑時は500円)で、ほとんど待ち時間なしで乗れます。ただし、販売は不定期で数量限定なので、公式サイトで要確認です。
スポンサードリンク

長島スパランドの混雑事情

長島スパランドは、混雑するものと固定観念になっている人は多いようです。大都市・名古屋からほど近いロケーションに、東海地区の有数のテーマパークというだけでも、人を引き寄せる要素満載です。
「アクロバット」や「ホワイトサイクロン」などの絶叫マシンを中心に、人気アトラクション多数な点も、長島スパランドの混雑を誘うポイントです。GWなど、1つのアトラクションに乗るまでに、2時間たっぷり待つのは珍しくないのです。
長島スパランドの混雑の程度は1日の中でも変動し、午前よりも午後が混む傾向があります。夏季はとくに、プールで泳ぎ終わった人々が遊園地へ繰り出す、午後2時3時以降、混み具合がヒートアップします。
長島スパランドの混雑は「優先乗車券」を使えばしのげますが、販売は混雑予想日に限定で、予想は外れる場合があります。しかも数量限定なので、なかなか思い通りには行かないようです。

からだのふしぎ大冒険inナガシマスパーランド TVCM


スポンサードリンク
         

長島スパーランドのホテル

大人気スポットの長島スパーランドは、ホテルナガシマに宿泊するのが便利です。系列のリゾートホテル然としていますが、宿泊客限定のメリットが目白押しなのです。
まず、ホテルの宿泊客は、長島スパーランドの入場料が無料(2日間)になります。しかも宿泊客は、開園10分前に入場できる特典もあり、多少有利な条件でアトラクションにいどめます。
長島スパランドは、ホテルの宿泊者対象に、パスポートも割引価格で販売しています。「ホワイトサイクロン」「アクロバット」「スチールドラゴン2000」等々、1日だけでは足りないという人でも、これなら不足はないでしょう。
リゾートの各施設へは、シャトルバスが利用できます。ホテルから長島スパランド、湯あみの島、アウトレットパークのジャズドリーム長島などへ直通です。たくさん買い物したらホテルに荷物を預け、身軽になって絶叫マシンも温泉も心ゆくまで堪能できます。

※冒頭画像:出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)作者:Janma

スポンサードリンク


関連記事

  1. 広島観光

  2. プエルトリコ

  3. 恐竜展や博物館

  4. 大阪観光

  5. 京都鉄道博物館のアクセスや割引券の案内

  6. 池袋サンシャインシティ

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る