NTTの転居手続きは「116」へ電話すればほとんどの場合は大丈夫です。ただ、NTT東日本-西日本をまたぐ引越やひかり電話を使っている場合は事前に確認しておいたほうがよいでしょう。


インターネットの引越しは?>>プロバイダー 乗り換え


NTTの転居手続きは「116」へ電話をすればオッケー

NTTにたいして、転居の時、どのような手続きをすればよいのでしょう。
同じ市内や区内の場合は、比較的簡単です。
自分が住んでいる区域のNTTに直接引っ越すことを電話すればよいのです。
NTTの局番なしの「116番」をプッシュすれば、それでオッケーです。
すると、いつ引っ越すのか、どこへ引っ越すのか、移動希望日などをNTTのほうから尋ねてくれます。
それに応えながら、再開通日をいつにするかなどを決定します。
多くの場合、すべて局内工事ですむので、部屋に立ち入っての工事は不要です。

違う都市圏へ引っ越す時でも、そんなに手間はかかりません。
まず、転居する前の住所を受けもつNTTに電話をし、引っ越すことを告げます。
すると、やはり転居予定日や転居先を聞かれるので、それに答えます。
そして移動日を決定します。
引越しが終わったら、転居先のNTTにも電話をして、再開通日などを決めることになりますが、時間の節約のためには、引越の前に連絡しておいたほうがよいかもしれません。

インターネットの場合はちょっと注意が必要

最近は電話線は、電話だけでなく、インターネットにも使われています。
なので、固定電話の転居手続きだけでなく、インターネットのほうも手続きが必要です。
ここでフレッツ光などを使っている場合、ちょっと注意がいるかもしれません。
NTTにはご存じのようにNTT東日本と西日本があります。
いちおう、それぞれ別な会社ですし、それぞれが行っているキャンペーンなどが異なるケースもあります。
同様に、ひかり電話の場合も注意が必要です。
たとえば、転居先がひかり電話サービス未提供エリアの場合があります。
そんな時は、ひかり電話を転居先で継続使用することができません。
また、転居先が、仮にひかり電話サービス提供エリアであっても、フレッツ・光プレミアムやひかり電話の工事が必要です。
そのため開通まで日数がかかることがあるので、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。


インターネットの引越しは?>>プロバイダー 乗り換え


プロバイダーの引越しは?

RECOMEND

****