閉じる
閉じる
閉じる
  1. ジーユー
  2. イオンネットスーパー
  3. アキネーター
  4. ソリティア無料ゲームのダウンロード
  5. スポーツデポ
  6. コジマ電気
  7. なぞなぞ
  8. ラウンドワン・スポッチャ
  9. ナンプレ
  10. エディオン
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

折り紙

「あの折り紙を折ってみたい!」

子供の頃、誰もが作った「折り鶴」や「兜」、「風船」や「だまし船」など、今でもすらすら折れるでしょうか?
あるいは、花や動物など、難しそうに見える折り紙の折り方を知ってみたいと思ったことはありませんか?
そんな時に便利なのが、やはり折り紙のガイドブックです。
ただ、折り紙の折り方についての解説本やガイドブックを探してみると意外と少ないと思うかもしれません。そんな中でおすすめできるのが主婦の友社から発行されている「簡単おりがみ大百科」という本です。
「幼児から大人&お年寄りまで」というサブキャッチの通り、あらゆるレベルやターゲットに応える内容となっています。

人気のおりがみを誰でもスラスラおれるよう簡単にわかりやすくまとめた、子どもからお年寄りまで楽しめる超保存版。充実の320ページで一生使える価値ある1冊。

これは紹介文の一部ですが、鶴、かぶと、風船、だましぶねなどをはじめ、だれもが一度は折ったことがあるであろう懐かしい伝承作品から、花や動物など、「折ってみたい」と思わせる作品をすべて集めた超保存版の1冊です。320ページという充実の情報量で、そこには、わかりやすい写真とプロセスイラストで解説されています。それらを見ながらおれば、子ども、大人、お年寄りまで、難しくなく作品を完成させられるはず。まさに、一家に一冊置いておきたい、おりがみの大百科事典です。購入はこちら=簡単おりがみ大百科(主婦の友ベストBOOKS) [単行本]

スポンサーリンク
         

折り紙の簡単な作り方動画

ガイドブックも保存用としてよいのですが、ネット時代の昨今、シミュレーション用に、折り紙の簡単な作り方動画も人気です。パソコンやスマホ1台あれば、いつでもどこでも折り紙コーチを呼び出して指導が受けられる点が受けているのでしょう。
折り紙の簡単な作り方動画のメリットは、何度でもリプレイできることです。疲れ知らずで嫌な顔ひとつせず、わかるまでトコトン作り方を伝授してくれます。
折り紙の簡単な作り方動画は、海外発が多いのも特徴的です。また、日本発であっても、世界へ向けて英語の字幕つきのものもあります。日本の伝統文化のひとつとしての折り紙を、外国語を交え動画で鑑賞するのも一興です。

紙飛行機や船の作り方

折り紙では、紙飛行機や船の作り方は紙選びが大切です。たとえば、コピー用紙は折り目が複雑になると折りにくくなりがちです。折り紙用紙やチラシなど、薄い紙がおすすめなのです。

紙飛行機や船の作り方で、美しく仕上げるには折り目をスッキリさせることが大切です。折り目は指のツメや小ビンの底などを使って、念入りにしごくのがコツです。
紙飛行機や船の作り方は、紙の裏表もポイントになります。紙飛行機はとくに、ザラザラの裏面が外側に出ると飛びにくくなるので、裏面を出さないのがコツです。

犬や魚や恐竜や動物の作り方

折り紙で、犬や魚や恐竜や動物の作り方を調べて作るのは、よい脳トレになります。いろいろな種類を作れば折り紙の動物園が簡単にできてしまいます。

犬や魚や恐竜や動物の作り方は、折り紙でもじつに多くの作り方が提案されています。平和の象徴・千羽鶴は世界的に有名で、広島訪問でオバマ前米大統領が手ずから作って捧げたことは記憶に新しいところです。
犬や魚や恐竜や動物の作り方では、折りが多くなりがちなので、大きい紙がおすすめです。折り紙の恐竜は、足を台座に固定すると安定し見栄えもします。

また、動物ということでいえばかたつむりや魚なども変わり種として人気です。

ひまわりや花や花束の作り方

折り紙で、ひまわりやあじさい、朝顔といった花や花束の作り方は、本やネットでも多くのバリエーションあり人気があります。本物の花束に代えて、自作の折り紙の花々を組み合わせて送るのは洒落た心意気でしょう。
ひまわりや花や花束の作り方によると、1つの作品で折り紙が何色か必要になるケースが多いです。花・茎・葉と、それぞれ指定の色を使うと本物らしさが増します。
ひまわりや花や花束の作り方ではとくに、キモとなる花びらの部分は折り筋をしっかりつけて丁寧に折ると、花びらが形よく仕上がります。
折り紙で折る花としてはローズやダリアなども人気の花です。動画を掲載しておきます。

立体の箱やくす玉の作り方

折り紙で、立体の箱やくす玉の作り方は結局、同じ形のパーツを組み合わせです。色の違いでパーツを組み合わせ、彩り豊かな作品に仕上がります。
立体の箱やくす玉の作り方で、箱は同じものを4つ作ってつなげるパターンが標準的です。紙の大きさを変えて、好みのサイズにカスタマイズできます。
立体の箱やくす玉の作り方で、くす玉はブロックを最初に作って重ねる形式です。理論的に3ブロック、6ブロック……と3の倍数で、色のパターンを調整できます。

折り紙の折り方ガイドブック

動画でみる折り方には「わかりやすさ」や「とっつきやすさ」がありますが、やはり保存性や一覧性、そしてなにより「持っている安心感」から、書籍としてのガイドブックを一冊置いておきたいという人も少なくありません。
折り紙本はいろいろありますが、1冊選んで置いておくのであれば、やはり「大百科」と名の付いた「簡単おりがみ大百科」でしょう。

320ページという充実の情報量で、150点の作品が、わかりやすい写真とプロセスイラストで解説されています。それらを見ながらおれば、子ども、大人、お年寄りまで、難しくなく作品を完成させられるはず。まさに、一家に一冊置いておきたい、おりがみの大百科事典です。購入はこちら=簡単おりがみ大百科(主婦の友ベストBOOKS) [単行本]

スポンサーリンク


関連記事

  1. ナンプレ

  2. ひまわりの育て方

  3. 将棋のルールやゲーム

  4. 一番くじ

  5. ハンドスピナー

  6. 観葉植物

スポンサーリンク

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る