閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

PubMed

PubMedとは

医療関係者を中心に評判の、PubMedとは医療系・生命科学系の検索エンジンをさします。アメリカ国立衛生研究所の国立医学図書館(NLM)が運用しています。記事は無料で検索でき、当然のごとく英語ベースとなっていますが、翻訳サイトの形で「日本語版」もあります。
PubMedとは、MEDLINE・ライフサイエンス誌・オンライン電子書籍とリンクした検索エンジンのことでもあります。全体では2300万件以上あるといわれ、事実上アクセスできる記事は無尽蔵にあるといえます。
PubMedとはいいますが、検索してヒットするのは記事のアブストラクトです。そこから、全文記事へリンクできる仕組みです。
PubMedとは、本当に熱心に文献を集めた検索エンジンであり、雑誌記事に限定しても110万件以上もあるといわれています。アーカイブの一部は、自由にアクセスできるようになっているのもメリットです。研究者にとって、文献リサーチの友として重宝すること間違いなしです。
スポンサードリンク
         

PubMedの日本語版

医療系の文系をリサーチしたい、しかも日本語で、という研究者さんには、PubMedの日本語版はおすすめです。2300万件以上あるという、ぼう大なデータの海を自在に泳ぎ回るためのガイド役となってくれます。
PubMedの日本語版とは、正確にはオフィシャルサイトではありません。自動翻訳ツール「熟考」やQLifeの「PubMed」など、「自主的」な翻訳サイトがベースになっているのです。それでも、翻訳の精度は高いと評判で、十分実用に耐えられるレベルと定評があります。
PubMedの日本語版も英語原文と同様、無料で検索できるのがメリットです。PubMedにアクセスするような人は、そこそこ英語力はあるのでしょうが、日本語ネイティブには楽々読める点で日本語版のほうが有利です。
PubMedの日本語版は、英語オリジナル版とほぼ等価です。きょうびの翻訳ツールは高性能なので誤訳は皆無ですが、ゆとりがあれば部分的にでも英語原文と付け合わせるにも意義があります。
スポンサードリンク

PubMedの検索方法や使い方

無料とはいえ、PubMedの検索方法や使い方にはコツがあります。コツさえつかめば、2300万件以上あるという文献の中から、ターゲットとなる文献へすんなりとたどり着けることでしょう。
PubMedの検索方法や使い方は、初めに大まかに検索して、ふるいにかけて必要な文献以外をふるい落としていくのが基本な流れです。検索は、ジャンル別、著者名、雑誌名などの入力から始まり、さらにfilterサイドバーで検索結果を絞り込んでいくというステップを踏みます。日本人研究者のために、PubMedは日本語版も利用できます。
PubMedの検索方法や使い方で注意すべきは、記事はすべてアブストラクトの形でヒットすることです。目ぼしいアブストラクトを読んで全文を読みたくなったら、リンクして全文記事へジャンプできる仕組みになっています。
PubMedの検索方法や使い方で補足すると、PubMedにはプリント機能はありません。記事をプリントアウトするには、ブラウザのプリント機能を使えば問題解決です。

スポンサードリンク


関連記事

  1. 執行役員の年収や取締役との違い

  2. スタディサプリの評判やテキスト、ログインの案内

  3. 漢字の読み方や画数がわかる

  4. 立体パズル(木製)の知育価値

  5. 四字熟語

  6. ユーキャンで資格取得・講座案内

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る