閉じる
閉じる
閉じる
  1. ジーユー
  2. イオンネットスーパー
  3. アキネーター
  4. ソリティア無料ゲームのダウンロード
  5. スポーツデポ
  6. コジマ電気
  7. なぞなぞ
  8. ラウンドワン・スポッチャ
  9. ナンプレ
  10. エディオン
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

ぷらっとこだま

ぷらっとこだまの予約

まず押さえておきたいポイントは、ぷらっとこだまの予約は、JR東海ツアーズかJTBの窓口を利用するということです。正規の切符には違いありませんが、じつはJRの乗車券とは別物なので、みどりの窓口では購入できません。
ぷらっとこだまの予約は、乗車予定日の1ヶ月前から前日までが受付期間です。座席は全席指定、当日予約ができない点は要注意です。
ぷらっとこだまの予約は、電話・オンラインでもできます。公式サイトでは、「e-ぷらっとこだま」が便利です。「こだま」限定ですが本物の新幹線に合法的に乗れるので、新幹線版LCCとして人気です。
ぷらっとこだまの予約の際、乗車日、列車名、座席がすべて指定されます。高割引率がメリットですが、予約後はチケットの変更ができないので要注意です。希望の席が取れるかも大問題ですが、予約の前に間違いがないか細心のチェックは鉄則です。
スポンサーリンク
         

ぷらっとこだまの時刻表

ぷらっとこだまは、新幹線の格安チケットとして大人気です。ぷらっとこだまの時刻表によると、新幹線でも「こだま」限定、東京-新大阪間に限定ですが、この区間内であれば、リーズナブルに乗りこなせること保障済みです。
ぷらっとこだまの時刻表で計算すると、東京-新大阪間の所要時間は4時間近く。「こだま」なので仕方ないといえますが、同じ区間で「のぞみ」なら2時間半に迫ろうという時代に、いささかのデメリットに映ります。
ぷらっとこだまの時刻表をみると、「のぞみ」や「ひかり」の通過待ち・待ち合わせがあるので、停車時間が長い駅があります。スピード第一優先でいけば、明らかにマイナスポイントです。
それでも、ぷらっとこだまも新幹線の一種に違いないので、高速バス以上の乗りここちのよさとスピード感があります。一部区間に限定してでも、ぷらっとこだまの時刻表から適当な適当な列車を選んで利用するのは賢い利用方法です。
スポンサーリンク

ぷらっとこだまの料金

ぷらっとこだまは、新幹線版の格安チケットという位置づけです。ぷらっとこだまの料金はワンドリンク付きのコミコミプライスで、コスパ面でごきげんなプランとなっています。
ぷらっとこだまの料金は、東京-新大阪間が10300円、名古屋-新大阪間が4300円などと、スーパープライスがメリットです。「こだま」限定ですが、新幹線の最安値には違いありません。
ぷらっとこだまの料金は安さが魅力的なのですが、制約があります。乗車日時や座席など、いったん予約すれば一切変更ができないことです。やはりワケありなのですが、実際上は不便さはそれほど感じられないようで、評判は上々のレベルにあります。
ぷらっとこだま自体リーズナブルなので、追加料金を払ってグリーン車へアップグレードするのも一興です。グリーン車へは、ぷらっとこだまの料金に1000〜1500円程度プラスするだけでOKで、目的地へ着くまでのひととき、エグゼクティブ体験ができます。

スポンサーリンク


関連記事

  1. おでかけネット

  2. トリバゴ

  3. ブッキングドットコム

  4. クラブツーリズム

スポンサーリンク

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る