閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

出産祝い人気ランキングやお返しの相場

出産祝いの人気ランキング

出産祝いは、人気ランキングをみて選ぶ人は多いようです。もちろん、ランキングに関係なく、もらう人の喜ぶ顔がみえるような品を吟味して選ぶのが一番大切です。また無理せずに予算内に収めることも、重要ポイントになります。
昔から、ベビー服は、出産祝いの人気商品です。ただ、贈るなら生後半年から1歳くらいのサイズを想定して、80cm以上のベビー服を贈るのが、先方も経済的に助かることであるしベターです。
おもちゃや絵本も見栄えがすることから、出産祝いの人気商品にあげられます。使い捨てオムツやおくるみなどの実用品も、家族が増えて何かと物入りの家庭にとっては、喜ばれる品となるでしょう。
それでも品定めが難しいという人のためには、現金や商品券も、出産祝いとして人気があります。服や食器など、相手の趣味に合わなくて有りがた迷惑となるリスクを冒すよりは、選択の余地がある点で、有益な贈り物となるでしょう。
スポンサードリンク
         

出産祝いの相場

出産祝いの相場は一般に、5千〜1万円とされています。双子や三つ子の場合は、1人あたり少々手加減してもらうことは可能ですが、できるだけのことはしたいものです。
むしろ、出産祝いは相場内に収めるのがベストです。祝いの品が安すぎてもお互い気まずさを感じるでしょうし、反対に高すぎても、先方にはお返しの負担感を高めることになってしまいます。
出産祝いの相場は、人間関係によっても多少変動します。たとえば、会社の同僚なら3千〜5千円が適当とされ、兄弟姉妹なら1万円超えするのもアリでしょう。孫の出産には奮発して、10万円前後のひな飾りや五月人形も人気があります。
出産祝いの相場はもちろん重要なポイントですが、贈るタイミングも大切です。遅くとも、出産から1ヶ月内に贈るのが目安となります。お祝いの品とはいえ、遅くなりすぎてお祝いのテンションが低くなっていけば、贈り物の「時価」も正比例で下がる一方になってしまいます。
スポンサードリンク

出産祝いのお返しの礼儀

出産祝いのお返しは内祝いともいわれ、まだお祝いムードが残る1ヶ月以内にするのが目安となります。不幸と重なった場合は最低限、四十九日が明けてから、おわびの気持ちをそえて贈るのがエチケットです。
出産祝いはお返しのほうが高額になってしまって、金額的に先方にプレッシャーを与えないよう注意する必要があります。一般的な「相場」は、贈られた品に対して3分の1〜2分の1がベストとされています。
出産祝いのお返しは、詰め合わせ系に人気があります。タオルや洗剤の詰め合わせ、コーヒーや植物油の詰め合わせのほか、菓子折りも人気商品にランクインしています。
反対に、出産祝いのお返しにもタブーがあります。たとえば、ハンカチは手切れにつながるとしてNGで、刃物やくしもNGとされています。出産祝いに現金もいただくことは多々あることですが、お返しに現金を送るのもやはり不適当とされています。

スポンサードリンク


関連記事

  1. パスポートの申請や更新に必要な書類や写真、期限切れパスポートの用…

  2. 国民生活センターの相談窓口

  3. 定形外郵便

  4. NHK受信料の金額や引越し・解約手続き

  5. マイナンバーの申請や確認方法

  6. 結婚式の招待状の返信

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る