閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

執行役員の年収や取締役との違い

執行役員とは

取締役と違い、執行役員とは会社経営にはタッチせず、ひたすら業務に励む役員のことをさします。法律で規定された役職ではありませんが、世間的にはレッキとした役員として評価されています。
企業によって違いはありますが、執行役員とは大体、平社員以上・取締役以下の立ち位置となっています。大まかに言って、執行役員とは従業員の代表のことだと言ってよいでしょう。
執行役員とは、部長クラスにプラスアルファといった感じで、多くの企業で役員並みの待遇となっています。この役職自体、まだ耳慣れない人は多いのですが、実務面で結構なステイタスがあるのです。
執行役員とは、大企業を中心に置かれている印象が強いもので、零細企業では設置さえされていないケースがザラにあります。会社規模が大きくなりすぎて、従業員と取締役の橋渡しがほしくなった時点で、おあつらえ向きの役職として重宝するのでしょう。
スポンサードリンク
         

執行役員の年収

わかっているようで、執行役員の年収は、実態が不透明な部分が多くあります。簡略的に、平社員以上・取締役以下の「不等式」を解いて推計するしかなさそうです。
妥当な考え方として、執行役員の年収は、部長クラスの2〜3割増しとみるのが適当のようです。取締役には及びませんが、従業員の代表という立ち位置なので、待遇面でも役員並みのレベルとなっているのが実情です。
執行役員の年収は、中小企業の多くでは7〜800万円といったところです。それが大企業級になると、1000〜2000万円クラスはゴロゴロいると言われます。
いちおう従業員の一種であることから、執行役員の年収は理論上、働きに応じて残業代や各種手当てがつけば、増額されることになります。実際は経費をチマチマ計算されるわけではなく、役員報酬に近い形をとっているケースが大半のようです。それでも、窓際族の万年平社員などと比較すれば、段違いに高待遇であることには違いありません。
スポンサードリンク

執行役員と取締役の違い

理解のために、執行役員と取締役の違いをあげると、執行役員がすることはつまり、与えられた業務をこなす役員だと言えます。対して、取締役のほうは、会社経営で重要な意思決定に参加するなど、経営に深くかかわっている点で違いがあります。
執行役員と取締役の違いは、会社法上にも現れています。そもそも、執行役員は法律上の規定はなく、企業が独自に設けた役職です。取締役と従業員の間をとりもつ、立ち位置となっています。
執行役員と取締役の違いでは、どちらが偉いのか混乱する向きは多いようです。企業により違いはありますが、取締役が上、執行役員はそのすぐ下、というのが一般的な見解です。
執行役員と取締役の違いは、給与体系にも現れています。執行役員は多くの場合、従業員の一種なので、給与の形をとっています。一方、取締役が受け取るのは役員報酬であり、金額的にも執行役員より上とされています。

スポンサードリンク


関連記事

  1. 河合塾

  2. ユーキャンで資格取得・講座案内

  3. 立体パズル(木製)の知育価値

  4. スタディサプリの評判やテキスト、ログインの案内

  5. PubMed

  6. 四字熟語

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る