閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

父の日・2017年の日付やおすすめプレゼント

2017年の父の日はいつ

2017年の父の日はいつと振られて、6月18日と即答できれば、お父さんは泣いて喜ぶかもしれません。母の日と比較していささか影が薄い記念日とは、お父さん方には厳しい現実です。
父の日は、毎年6月の第3日曜日と定められています。2017年の父の日はいつかは、規則から6月18日という答えが出てくるのです。
父の日は、ソノラ・スマート・ドッドというアメリカ人女性が、母の日の広まりを受けて、父親に感謝する日があってもいいのではという素朴な疑問から、運動が広まっていった経緯があります。口コミで賛同者が増えて定着し、2017年の父の日はいつかが決まるまでには先人の努力の跡があるのです。
母の日ほどの盛り上がりに欠ける事情もあって、2017年の父の日はいつか答えられない人も珍しくありません。せめて心ある人が6月18日を手帳などにマークしておき、母の日に負けないくらいの存在感を示したいところです。

父の日のプレゼント

父の日のプレゼントは、基準があるようでない点で難しいイメージがあります。母の日のカーネーションのような定番がないことも、ことを難しくする原因です。
父の日のプレゼントは、時期が近づけばデパートなどによく特設コーナーが設けられます。もうひと工夫したいなら、インターネットでランキングをチェックするのがおすすめです。ランキングで喜ばれ度が決まるわけではありませんが、プレゼント選びのよい参考にはなり得ます。
父の日のプレゼントは、ビールやネクタイはほぼ定番と化した感があります。中には、手作り品を贈る本格派もいますが、無理のない範囲で精一杯の真心をこめたいものです。
父の日のプレゼントは、小学生くらいまでならお父さんの絵や肩たたき券などは、ほほ笑ましい限りですが、肝心なのは贈る人の心です。本人も期待していなかったところへ、ポンとプレゼントが渡されれば、格好のサプライズプレゼントとなることでしょう。

スポンサードリンク
         

父の日の花ギフト

母の日はカーネーションが定番ですが、父の日の花にも、じつは定番があります。父親が存命中なら黄色いバラ、故人なら白いバラが基本形です。
父の日に花を贈るのは、提唱者のドッド女史が、亡き父の墓前に白いバラを捧げたことに由来します。かの地では、故人をしのんで白いもの供える習慣があるとのことで、白いバラには亡き父への深い感謝の念が込められていたのです。
そうはいっても、母の日のカーネーションと違い、父の日の花にバラとは日本では少々抵抗感をもつ向きは少なくないようです。予算に合わせた初夏らしいアレンジで、花言葉も考えて選ぶのが無難な線でしょう。
父の日に花を贈るのは恥ずかしい! というのはもう昔話。実用品でもうれしいに違いありませんが、バラでも何でも心なごませるプレゼントも、うれしいポイントになるでしょう。心配なら保険として、ネクタイや財布などの小物をプラスするのがおすすめです。

スポンサードリンク


関連記事

  1. 目覚まし時計

  2. 洗濯機

  3. ウエルシア薬局の店舗やチラシ

  4. モバイルバッテリーの使い方やおすすめ

  5. ビール券

  6. エアコン

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る