閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツデポ
  2. コジマ電気
  3. なぞなぞ
  4. スポッチャ
  5. ナンプレ
  6. エディオン
  7. ギターのコード
  8. ハンドスピナー
  9. 折り紙
  10. 一番くじ
閉じる

そこが知りたい!バッチリ情報館

スポンサードリンク

ウェディングドレス

ウェディングドレスのレンタル

ウェディングドレスはレンタルするのが、今どきの新常識となっています。(原則として)一生に一度しか着ない衣装なので、結婚式にもコスパを追求する風潮にもマッチしています。
結婚式をコミコミプライスであげる場合、ウェディングドレスのレンタルも込み担っているケースが大半です。自前で持ち込むこともできますが、すると5〜10万円の「持ち込み料」が通常発生します。
口コミをみるに、ウェディングドレスのレンタル料は20〜25万円が相場とみて間違いないでしょう。30万円以上のケースも、少なからずあります。各種調査から、20万円以上が約60%と推定されます。
ウェディングドレスのレンタルは通常、事前予約制です。雑誌やインターネットの画像から、自分なりのイメージを作っておくとよいでしょう。費用に、アクセサリーや小物などの付属品が含まれているかも要確認です。
スポンサードリンク
         

ウェディングドレスを購入

現状、ウェディングドレスは購入したほうが、じつは安上がりになるケースは多々あります。
レンタル業者の口車に乗せられ、費用がかさむよりはよほどリーズナブルになるかもしれないのです。
ウェディングドレスを購入するメリットは、本当に自分が好きなデザインを選べることです。
サイズ直しに融通が利くメリットも、レンタル品と比較して有利なポイントです。

ウェディングドレスの購入は、ネット通販は人気があります。5万円以下の超激安品も、多数販売されています。
結婚式で、ドレスの持ち込み料がかかったとしても、レンタルより費用が抑えられる計算になります。
ただ、ネット通販は購入前に現物に触れられないのがデメリットで、昔ながらのショップも盛況のようです。
店舗でウェディングドレスを購入する際、狙い目はアウトレットです。販売価格10万円前後でも、お値打ち品が楽々見つけられると評判で、大人気のルートとなっています。
スポンサードリンク

ウェディングドレスと髪型

結婚式では、髪型はウェディングドレスに合わせてアレンジするのが常識です。
角隠しで髪がスッポリ隠れる和装と違い、洋装の場合は髪型にも綿密な計算が必要になります。
ウェディングドレスにあう髪型として、アップスタイルは人気があります。髪をアップにすると、デコルテも背中もよく見えるようになり、花嫁の晴れ姿がよく映えるのがメリットです。
結婚式では、花嫁はいろいろな小物も身にまとうことがよくあります。ウェディングドレスにあわせ髪型をアップにすると、ウェディングベールやネックレスも花嫁の美しさがよく引き立つ格好になります。
アップの髪型でウェディングドレスを着る際、ティアラを使うケースもあります。ティアラを使うときは少々工夫して、トップを高めにし、バックをシンプルにするのがベストです。こうするとティアラばかりが浮くことなく、貴婦人のような気品を漂わせるポイントにさえなるのです。

スポンサードリンク


関連記事

  1. 結婚祝いのプレゼントやお返しの相場

  2. クールビズ

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る