CATEGORY

関連法律・法令

マンション管理に関連する法律や法令について

マンションの管理や管理組合の仕事を行うにあたって、いくつか知っておいたほうがよい法律があります。
あってはいけないことですが、トラブルがこじれて「管理組合」と「区分所有者」との争いが法廷闘争に発展したときのことも念頭に置く必要があるからです。

マンション建替え円滑化法や被災マンション法が作られた理由や条文について

マンション建替え円滑化法とは 平成14年に制定されたマンション建替え円滑法とは、まず建替え業務の主体を明確化することを目的としています。 トラブルになりやすく問題が長期化しやすい建替えをスムースに行えるため、運営や意思決定の手続きをルール化したのです。 区分所有権や抵当権についても言及しているのが特徴的です。区分所有者らの権利関係が規定されたことで、建替えに伴う移行手続きが容易になったのです。 マ […]

マンション管理適正化法が作られた理由や条文の内容について

マンション管理適正化法とは マンション管理適正化法とは、平たく言えば、マンションで「快適な住環境が確保できるよう」に「管理会社の役割をしっかりと決めておこうよ」と定められた法律で、平成12年に定められ、平成13年8月に施行ました。「マンション」という言葉が法律用語として定義されたのは実がこの法令が初めてで、それまでは「中高層分譲共同住宅」などと呼ばれていました。 「マンション」という言葉が初めて使 […]

区分所有法が作られた理由や用語の意味について

区分所有法とは 管理会社の立場であろうと、管理組合理事の立場であろうと、区分所有者であろうと、マンションの管理にすこしでも触れる可能性のある人にとって、まず一度は目を通しておいたほうがよいのが、区分所有法です。区分所有法とは、1棟の建物を区分して所有する際のルールについて定めた法律のことで、正式には「建物の区分所有等に関する法律」と呼ばれます。快適なマンションライフ実現の基礎となる法律ですから、理 […]